大河原町の不動産会社です。売買物件・賃貸物件等の不動産情報はお任せください!
TEL. 0224-53-1130
営業時間 9:00〜18:00

「不動産終活」相続・家族信託

「不動産終活」として必要な相続対策

生前のうちに、自分の死後に想定される問題について準備をしておく「終活」は、不動産においては、そのトラブル防止などの観点からもとても大切です。
村建地所では、不動産の相続にまつわる各種対策、手続きのほか、相続させずに売却する手段も視野にいれた、最適な「不動産終活」のご相談を承っております。

不動産の相続対策

1.不動産相続対策

所有する不動産の財産診断等の不動産にまつわる相談を承っております。

2.不動産の売却

財産診断や、管理処分能力などの実態にもとづき、不動産の売却がよいと判断される場合には、不動産のプロとして最適なご提案をさせていただきます。

 

「不動産終活」にも有効な手段となりうる「家族信託」

家族信託は「財産管理の一手法」です。資産を持つ方が、自分が持っている不動産などの財産を信頼できる家族に託して、その管理・処分を任せる仕組みです。家族の誰がいつ、どの財産をどのように管理・処分するのか、といった点を、本人と自由に決めておくことができます。

村建地所では、不動産に関連する問題の解決手段として「家族信託」についてのアドバイスを行っております。お気軽にご相談ください。

家族信託のメリット

1.本人の判断能力等にかかわらず、管理・処分ができます。

事前に家族に財産管理を託せることに加え、その後本人の判断能力が低下した場合でも、その家族によって管理・処分がスムーズに行えるメリットがあります。

2.成年後見制度に代わる柔軟な財産管理を実現できます。

成年後見制度には、「家庭裁判所の管理下」にあることや「本人の財産保護」の目的による制度であることなどから、柔軟な管理が難しい場合があります。家族信託により、より柔軟な運用が可能となります。

3.通常の相続や遺言だけではカバーできない細かな取り決めも可能です。

例えば本人が死亡し、財産を相続した相続人に、すでに財産管理の能力がなかった場合などは、その後、相続人に成年後見人をつける必要があるなど、煩雑になりがちです。家族信託では、本人の遺言に、死亡後は家族信託の契約書による旨の記載をしておくことができ、本人死亡後に生じる問題も広くカバーすることができます。

4.相続不動産の共有にまつわる問題を回避できます。

相続人が複数いて不動産を共有することになってしまう場合、相続人(共有者)全員の合意がなければその管理・処分が行えず、結果として最適な時期や結論を逃してしまうことが少なくありません。家族信託はそのような問題を解決する手段ともなりえます。